英会話スクールの選び方や英語の効果的な上達方法

英語教育の低年齢化

英会話は以前は中学生から勉強を始めることが多かったのですが、現在は小学生のうちから授業として組み込まれています。受験でも英語が必要な所が多く、就職や転職でも留学経験や英語能力が重視されます。

→詳細を読む

オンラインスクール

英会話スクールはオンラインで勉強を行うことも可能です。オンラインは料金がやすいことが魅力で、ネイティブの人と話せる機会が多くあります。講師はスクールによって様々です。

→詳細を読む

グローバル化

グローバル化で、海外赴任や海外企業との取引が行われることも多くなりました。そのような会社の場合、日常的に英語を利用する機会が増えています。英会話スクールも多様化しており、英語能力は必要とされています。

→詳細を読む

個人に合わせる

英会話スクールは、個人の学びやすい形態で学んでいくことが大切です。英会話教室の方でも、個人の要望をなるべく取り入れるようなシステムを取っている所が多いです。回数や内容、授業日等教室に相談することが大切です。

→詳細を読む

英会話教室の増加

英会話教室は、近年増加の傾向があります。親の方が英語教育を重要視しており、幼いころから英会話を身につけさせたいとスクールを選んでいるケースが多くあります。実際に早い教育は英語上達に有利です。

→詳細を読む

映画を利用する

英会話について興味のある人はココで申し込みを行なってスキルをあげていく取り組みをしましょう。気になる人はチェック!

日常会話コースは主婦にピッタリ!英会話をなんばで学びたいならこちらがオススメ。自分のレベルに合わせることが出来ますよ。

映画を使った英会話の身につけ方

近年、英会話を習い事として身に付ける人が多くいます。効率的に英会話を身に付けるのに、最適なのが、映画を使った勉強法です。映画では、実践的で日常でよく使われる生きた英語を身に付けられるのが魅力です。 具体的にどのように勉強するかというと、まずは好きな映画を英語音声・日本語字幕なしで見ます。初めは聞き取れなくても、何回も何回も再生して雰囲気をつかむようにします。その後、どのようなやりとりかを日本語字幕つきで理解します。この時、意味が分からないせりふがあれば辞書で調べます。 次に、せりふを口に出してスピーキングの練習も行います。ネイティヴのスピードはとても速く感じられますが、同じスピードで発音を繰り返すことで慣れていきます。

映画で勉強する時の注意点

映画で英会話を勉強する時には、いくつかの注意点があります。まず大切なのは、映画の選び方です。たとえば、医療関係の映画や弁護士を題材にしたものは控えたほうが良いです。というのは、医療や法律用語などの専門用語が多数出てくるからです。日常会話の中では専門用語はなかなか使用しないので、まったく勉強する意味がありません。 もう1つ気をつけたいのが、映画に出てくるスラングです。ギャング映画などは頻繁にスラングが出てきます。スラングは、普段の生活ではあまり使わない方が良い言葉です。英会話で相手に軽い気持ちで使ってしまうと、トラブルに巻き込まれる可能性があるからです。ですから、スラングが多い映画も控えたほうが良いです。