英会話スクールの選び方や英語の効果的な上達方法

英語を学びたいならスクールに通おう

英語教育の低年齢化

10年ほど前までは、学校で英語の授業は中学生にならないと受講できないものでしたが、最近では国際競争力を高めるため、小学生のうちから学校の授業に組み入れられることになっています。また、インターナショナルスクールなども増えてきており、保育園や幼稚園に通わせる時期から子どもを英会話に慣れさせようとする親もたくさんいます。実際に、高校入試や大学入試でも英語が最も重要な科目として位置づけられており、受験科目に英語が含まれている高校や大学がほとんどです。また、就職活動や転職活動においても海外留学経験やTOEICなどの点数を重視する企業が多く、英会話などの実用的な語学力を身につけていると企業から重宝されます。

従来は中学生から学校で一斉に英語の授業が開始する前に、教育にお金をかける家庭が子どもを英会話教室に通わせ、周りの子どもよりも早く英語に慣れ親しませることで中学からの英語の授業を遅れをとることなくしっかり準備できました。しかし、最近では幼少期からインターナショナルスクールに通わせ、英会話に慣れ親しんでいる子どもが多いため、学校の授業のため準備というよりも将来の就職活動で使える生きた英語を早いうちから身につけさせたいという親の想いが強くあります。日本がこのまま少子高齢化の一途をたどる限り、経済成長を維持し続けるためには、より一層海外へビジネスを展開していく必要があります。そのため、幼少期から英会話に通わせ英語に慣れ親しませることは非常に重要です。